日本の気候にもピッタリ|これから住宅を建てるならトミオで疑問を解決しましょう
室内

これから住宅を建てるならトミオで疑問を解決しましょう

日本の気候にもピッタリ

積み木

高温多湿の日本でも

北欧住宅は2×4という工法を採用しており、機密性の高さや家自体の強さを実現しています。この2×4は、機密性の高さが風通しの面で少し不利になります。風通しの面だけで考えると、2×4よりも日本の伝統的な木造軸組工法の方が良いですが、これは言い換えるとすきま風が入ってくるということです。北欧住宅は、含水率の低い木材を使用しており、2×4住宅であって湿気が篭ることがありません。乾燥した木材が湿気を吸い取ってくれるためで、これにより高温多湿の日本の夏でも快適に過ごすことができます。また、湿気を吸うだけでは木材が傷んでしまいますが、乾燥する季節にはその分の水分を吐き出してくれます。まさに、家自体が自動で湿度を調整してくれるのです。

間取りも自由です

日本で販売されている北欧住宅は、北欧住宅の良いところをそのままに、間取りの自由度などは日本人向けにアレンジされています。北欧と日本人では、生活スタイルや家の中での家族の関わり方などが異なるため、この様な工夫がされています。それでは、高機密高断熱で、夏は涼しく冬は暖かい北欧住宅を、どこの業者に依頼して建てれば良いのでしょうか。北欧住宅を扱う業者は日本でも増えており選択肢が広いですが、中には品質の劣る業者も存在します。良い業者の見分け方として、最も分かりやすいものは北欧住宅を扱っている経験の長さと、販売実績です。高い実績を長い間実現できるのは、それだけ高品質で、多くの方から支持されている証拠です。